シンガポール、4~6月のGDPが13.2%減

2020年8月12日 〔シンガポール〕

 シンガポールの2020年4~6月の実質国内総生産(GDP、確定値)は前年同期比13.2%減となった。シンガポール貿易産業省が8月11日に発表した。7月の速報値は12.6%だった。通年では5~7%減の予想となる。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポール、4~6月のGDPが13.2%減 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, シンガポール