フィリピン・マニラ地区で外出制限を緩和

2020年8月18日 〔フィリピン〕

 フィリピン政府は8月17日夜、マニラ首都圏とその周辺で8月19日より外出・移動制限措置を緩和すると発表した。制限措置は新型コロナウイルス感染拡大を受けて8月4日から再び厳格化していたが、感染拡大が少し落ち着きをみせたことから経済活動の再開を優先した。

[PR]

 現在は、全面的に休止している公共交通機関は乗客数などを制限したうえで再開される。また、持ち帰りのみだった飲食店も店内での飲食が可能となる。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピン・マニラ地区で外出制限を緩和 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン