マニラの空港拡張計画を地建設大手が提出

2018年3月2日 〔フィリピン〕

 フィリピンに建設大手「メガワイド・コンストラクション」は3月1日、首都マニラのニノイ・アキノ国際空港の拡張計画を政府に提出した。計画はインドのインフラ企業GMRとの共同で30億ドルを投じ、ターミナルや滑走路を整備し、旅客受入能力を現在の年3100万人から7200万人に引き上げるもの。

[PR]

 提出された計画では、両社が18年間運営した後、政府に無償で引き渡すとしている。

 

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マニラの空港拡張計画を地建設大手が提出 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン