フィリピンの観光地「ボラカイ島」が半年間閉鎖

2018年4月5日 〔フィリピン〕

 フィリピン政府は4月4日、リゾート地として人気のある中部ボラカイ島を4月26日から半年間閉鎖することを決めた。期間中は観光客の立ち入りが禁じられる。

[PR]

 ホテルなどからの排水が海を汚染しているなど、環境が悪化していると判断したことが理由。

 ボラカイ島は首都マニラから約300km南に位置する島で、フィリピン有数の観光地。今回半年間閉鎖することによる経済損失は60億ペソ(約1100億円)といわれ、観光業界で働く約3万6000人が職を失うとされており、政府は雇用対策を検討するとしている。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

フィリピンの観光地「ボラカイ島」が半年間閉鎖 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン