バンコク・カオサン通りの”屋台禁止”が撤回

2018年8月12日 〔タイ〕

 タイの情報を伝える「タイランド ハイパーリンクス」によると、バンコク・カオサン通りで予定されていた露天商(屋台)禁止が中止となったようだ。

[PR]

 カオサン通りは世界からバックパッカーが集まる。海外からの旅行者にとって楽しみのひとつが通りに並ぶ露天商(屋台)だったが、2018年8月1日からその屋台営業が一切禁止となっていた。

 しかしながら、各方面からの反発も多く、バンコクは屋台禁止を撤回し、新たな規制として午後4時から深夜0時までの限定での営業を可能とした。

 ただし、すべての屋台は商務省への登録が必要で、販売スペースは1.5平方メートルのみで、1人の売り主に1つの屋台のみ許可される。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

バンコク・カオサン通りの”屋台禁止”が撤回 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, タイ