シンガポール携帯3位が政府系企業・新聞大手の子会社化

2019年3月9日 〔シンガポール〕

 シンガポールの政府系複合企業「ケッペル・コーポレーション」と、新聞大手「シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)」は共同出資会社などを通じて、同国携帯通信3位、M1(エムワン)を完全子会社化する。M1は上場廃止となる。

[PR]

 同共同出資会社は3月6日までにM1株の92.2%を取得した。シンガポールの法律により残りの全株式を買収価格の1株2.06シンガポールドルで取得する権利を獲得した。これを行使することえ完全子会社化する。

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

シンガポール携帯3位が政府系企業・新聞大手の子会社化 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール