ベトナム初の国産車工場、8月に本格稼働

2019年6月1日 〔ベトナム〕

 ベトナム初の国産ブランド車の工場が今年8月に本格稼働する。ベトナムの複合企業最大手「ビングループ」が、北部ハイフォン市で自動車工場を建設中。当面、年間生産能力を25万台とし、まずはセダンタイプと多目的スポーツ車(SUV)、および小型車を生産する。

[PR]

 ビングループの子会社「ビンファースト」が自動車事業を手掛ける。同社は2018年11月に国産電動バイクの販売を始めている。

 ビングループ2017年9月に自動車次号への参入を表明した。独BMWやボッシュなどの企業が技術面で支援。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

ベトナム初の国産車工場、8月に本格稼働 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム