ジャカルタで「大規模社会的制限」を延長

2020年5月19日 〔インドネシア〕

 インドネシアの首都ジャカルタでは新型コロナウイルス感染拡大抑止策として発動された大規模な行動制限措置が6月4日まで延長される。アニス・バスウェダン特別州知事が5月19日夜の記者会見で表明した。行動制限は4月10日に2週間の期限で発動したが、その後5月22日までの延長を決めていた。感染拡大が続くことから今回延長することとなった。

[PR]

 「大規模社会的制限」と呼ばれるこの行動制限措置では、不要不急の外出が原則禁止され、国民生活に直結する業種以外の企業に在宅勤務を義務付けている。違反者には罰金などの罰則が科されることもある。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

ジャカルタで「大規模社会的制限」を延長 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア