シンガポール、新ターミナル建設工事を一旦中断

2020年6月17日 〔シンガポール〕

 シンガポール政府は、チャンギ空港の新ターミナル工事を2年間中断することを決めた。2030年ごろの完成を目指していたが、新型コロナウイルスの影響で航空需要が低迷しており、回復の見通しもたたないため建設工事を一旦中断し、計画を見直すことにした。

[PR]

 計画していたのは利用者5千万人に対応できる大型の第5ターミナルで、2015年に計画が発表され、2020年10月には基礎建設工事について入札をする予定だった。

 同空港では、既存の4つあるターミナルも利用者激減のため2つを閉鎖している。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

 

シンガポール、新ターミナル建設工事を一旦中断 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール