インドネシア、8月から「デジタルサービス税」

2020年7月30日 〔インドネシア〕

 インドネシア政府は8月にデジタルサービス税を導入する。オンラインで提供される商品やサービスを利用した消費者に10%の付加価値税(VAT)を課す。

[PR]

 対象となるのは、ネットフリックス傘下のネットフリックス・インターナショナル、米グーグル、米アマゾン・ドット・コム傘下のアマゾン・ウェブ・サービス、、スウェーデンの音楽配信スポティファイなど、インドネシアで経済的な影響力が多い企業が選ばれた。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

インドネシア、8月から「デジタルサービス税」 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, インドネシア