タイの政府抗議デモで「ハム太郎」の替え歌

2020年7月30日 〔タイ〕

 タイでは、2019年に軍事クーデター以来5年振りに総選挙が行われたが、首相はクーデター当時の陸軍司令官、そして、最大与党「国民国家の力党」は軍政時代の事実上の後継政党で、依然として “軍政” の色彩が強い。

 そんなタイで、若者を中心に政府への抗議デモが広がっている。そしてそのデモで歌われているのが日本アニメ「とっとこハム太郎」の歌の替え歌だそうだ。

[PR]

 デモの参加者が主題歌の「大好きなのはヒマワリのタネ」という歌詞を「大好きなのは納税者の血税」などと替え歌にして政府を批判し、議会の解散を求めているそうだ。

 アニメ「とっとこハム太郎」は2000~2006年にテレビ東京系で放映されていたが、タイでも2005年からTV放送されていた。政府への抗議デモでこの歌が選ばれた理由は定かではないが、「国民は政府から餌を与えられカゴの中で飼われているハムスターのような存在ではない」という意味も込められているのではないかいう意見もある。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

タイの政府抗議デモで「ハム太郎」の替え歌 はコメントを受け付けていません。

分類 *info, タイ