マレーシア政策金利、1.75%で据え置き

2020年9月13日 〔マレーシア〕

 マレーシアの中央銀行は9月10日、政策金利を年利1.75%のまま据え置くと決めた。2020年に入って4会合連続で利下げしてきたが、景気悪化は底を打ったとみて追加利下げを急ぐ必要はないと判断した。

 

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

マレーシア政策金利、1.75%で据え置き はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ○経済指標, マレーシア