シンガポールに大規模日本食品店、愛媛コーナーも

2015年9月29日

 シンガポールに食料品を販売する大規模なお店ができたようです。多くの人でにぎわう「マリーナ・スクエア」の新館に開店したのは「Emporium Shokuhin」で、日本食好きのシンガポールに人たちを満足させる食品や食材が用意されています。水槽に入った生きた海鮮食材や熟成肉などの取り扱っています。

[PR]

 この「Emporium Shokuhin」を経営するのはCEOのLim Li-Wei氏(40)で、「明治屋や伊勢丹とは違い、食品だけに特化したお店にする。質の高い食品を手頃な価格で提供する」と話しています。

 またフロアにはLim氏が働きかけてきた四国の愛媛県から空輸した食品を販売するコーナーが設けられているそうです。

〔参考〕

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 


※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があり

 

シンガポールに大規模日本食品店、愛媛コーナーも はコメントを受け付けていません。

分類 シンガポール, 日本関連