「WAKUWAKU JAPAN」がシンガポールで2局目

2015年12月4日

 海外で日本の情報番組を放送する「WAKUWAKU JAPAN(ワクワクジャパン)」が、シンガポールでの事業を拡大する。2016年1月15日に、現地で2つ目の専門チャンネルの有料放送を開設する。

[PR]

 新しいチャンネルは現地のケーブルテレビ「StarHub TV」に専門チャンネルとして開局。日本のドラマやアニメ、Jリーグの試合などのコンテンツを放送していく。スカパーJSATによると、StarHub TVの放送チャンネル数は180以上、視聴可能世帯数は約55万で、現地の有料放送市場のシェアは首位となっている。

 現在WAKU WAKU JAPANはインドネシア、ミャンマー、シンガポールの3カ国で放送している。今回の開局で視聴可能世帯数は現在約1割増の350万以上となる。

 今後もタイやベトナムなど東南アジアを中心に展開し、2020年までに海外放送を22カ国、年間70億円の売り上げを目指している。

 WAKUWAKU JAPANには、スカパーJSATが60%を出資、残りを海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)が出資している。

他の記事も読む
-----
〔Clisien ASEAN News Clips 編集部〕 

※ 注)外部リンクは登録が必要な場合や、ページ消滅の場合があります。


○ASEANを知るお手伝い、エムニドの調査支援サービス「シルシエン」○
    ⇒ 詳しくはこちら

「WAKUWAKU JAPAN」がシンガポールで2局目 はコメントを受け付けていません。

分類 インドネシア, シンガポール, ミャンマー, 日系進出