リゾート地「ボラカイ島」、汚染対策で閉鎖

2018年4月27日 〔フィリピン〕

 フィリピン政府は4月26日、世界的に人気のある観光地であるボラカイ島を閉鎖した。ホテルなどからの排水が海を汚染しているとして、4月5日最長6カ月の閉鎖を決めていた。閉鎖期間中に環境対策を施す。

[PR]

 ボラカイ島には空港のあるパナイ島からボートで渡ることになるが、今回の閉鎖を受けてパナイ島の港に検問所を設けた。

 ボラカイ島は人気リゾート地で、年間約200万人の観光客が訪れるという。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

リゾート地「ボラカイ島」、汚染対策で閉鎖 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, フィリピン