シンガポールとマレーシア、高速鉄道凍結で合意

2018年8月5日 〔シンガポール/マレーシア〕

 シンガポールとマレーシアの両政府は9月5日、両国を結ぶ高速鉄道計画を2020年5月末まで凍結すると発表した。開業時期も当初の予定の2026年末から2031年1月まで延期となった。

[PR]

 マレーシアのマハティール首相が5月末に計画の中止を表明していたが、凍結期間中の費用約1500万シンガポールドルをマレーシアが負担することで今回合意に至った。

 マハティール首相は財政再建を理由に高速鉄道の中止を表明していた。今回、開業時期を延期することにより、マレーシアは総事業費約200億シンガポールドルを先送りできることになった。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

シンガポールとマレーシア、高速鉄道凍結で合意 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, シンガポール, マレーシア