米・北朝鮮首脳会議に向けてベトナム外相が動く

2019年2月14日 〔ベトナム〕

 米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が2月27日、28日にハノイで首脳会談を行うことになったのを受けて、2月11日から14日までの日程でベトナムのファム・ビン・ミン副首相兼外相が北朝鮮を公式訪問する。

[PR]

 両首脳会談と前後して、ベトナムの最高指導者グエン;・フー・チョン共産党書記長兼国家主席と金正恩委員長との会談が行われる可能性が高くなってきているとされる。

 2017年にマレーシア・クアラルンプールの空港で、金正恩氏の異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、ベトナム国籍の女が実行犯として逮捕されており、北朝鮮とベトナムの関係は冷え込んだいたが、2018年11月から12月にかけて北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相がベトナムを訪れ関係修復に動いていた。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

米・北朝鮮首脳会議に向けてベトナム外相が動く はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム