ミャンマーのヒスイ鉱山で地滑りの大災害

2020年7月3日 〔ミャンマー〕

 ミャンマーのカチン(Kachin)州パカン(Hpakant)のヒスイ鉱山で7月2日に大規模な地滑りが発生。少なくとも162人が死亡する大災害となっている。

[PR]

 この地域は現在雨季でモンスーンの豪雨が続いており地滑りが発生し、採掘労働者らが土砂崩れに巻き込まれた。この鉱山は中国の国境に近い山岳地帯の急斜面にあり、これまでの発掘作業で地盤が緩んでいたようだ。

 ミャンマー北部はヒスイの産出地として知られており、パカンには露天掘りのヒスイ鉱山が点在する。

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

 

ミャンマーのヒスイ鉱山で地滑りの大災害 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー