セブン‐イレブンが2022年にラオスに1号店

2020年9月1日 〔ラオス〕

 セブン‐イレブン・ジャパンは8月31日、2022年にラオスに進出すると発表した。完全子会社の米セブン‐イレブンを通じて、タイのチャロン・ポカパン(CP)グループの傘下企業「CPオール(CP All)」とフランチャイズチェーン(FC)契約を締結した。CPオールはタイでセブン‐イレブンを約1万2千店展開している。

[PR]

 CPオールのラオス法人がライセンスを取得して、首都ビエンチャンに1号店を開業予定。

[参考]

[関連記事]

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

セブン‐イレブンが2022年にラオスに1号店 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ラオス, 日系進出