カンボジア選挙、非民主的と米国他が避難

2018年7月30日 〔カンボジア〕

 カンボジアで7月29日に行われた国民議会(下院)総選挙で、フン・セン首相率いる与党「カンボジア人民党(CPP)」が定数125議席の95%超を獲得する見込みとなったが、今回の選挙に対する非難の声が米国やカナダ、豪州などから高まっている。 

[PR]

 サンダース米大統領報道官は7月29日、最大野党「カンボジア救国党(CNRP)」が解散に追い込まれ不在となった状況での選挙は欠陥があるとの非難した。これにともない2017年12月に始めたビザ発給制限を拡大するなど追加制裁措置を検討するとした。

 また、カナダ政府も有権者に対する脅しや票数捜査があったと指摘、オーストラリア政府も民主化の歩みに逆行していると批判した。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

カンボジア選挙、非民主的と米国他が避難 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, カンボジア