金正男殺害実行犯のベトナム人、傷害罪に変更

2019年4月2日 〔ベトナム〕

 マレーシアのクアラルンプール国際空港で2017年2月に起きた北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)殺害事件で、実行犯として逮捕されたベトナム国籍のドアン・ティ・フォン被告の公判が4月1日、マレーシアの高等裁判所で開かれた。

 マレーシア検察は訴因を殺人罪から傷害罪に変更し、被告は起訴内容を認めたことで、高裁は禁錮3年4月を言い渡した。罪を認めたフォン被告は刑期の減免を受け、5月初旬にも釈放される見通し。傷害罪への訴因変更理由は明らかになっていない。

[PR]

 同じく実行犯として拘束されていたインドネシア国籍のシティ・アイシャ被告は、3月11日に起訴が取り下げられ、同日釈放されている。インドネシア政府の働きかけがあったと言われており、ベトナム政府も同様の働きかけを行っていた。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

金正男殺害実行犯のベトナム人、傷害罪に変更 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム