グラブのウーバー統合、ベトナムで競争法違反?

2017年12月27日 〔ベトナム〕

 ベトナムの独占禁法当局は、シンガポールの配車大手「グラブ(Grab)」に対して競争法違反の可能性があるとの見解を下した。グラブが米ウーバーテクノロジーズの東南アジア事業買収を決めた今年3月時点のシェアが50%を超えていたと結論づけた。国家競争評議会が年末をメドに最終結論を出す見込み。

[PR]

 グラブはウーバー買収後のベトナム国内のシェアは、タクシーも含めて30%未満と説明していたが、ベトナム競争局(VCA)はシェア50%を超えている可能性があるとして調査をすすめていた。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

グラブのウーバー統合、ベトナムで競争法違反? はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ベトナム