ミャンマー最高裁がロイター記者の上告を棄却

2019年4月25日 〔ミャンマー〕

 ミャンマー最高裁判所は4月23日、イスラム系少数民族ロヒンギャへの迫害問題の取材をめぐり国家機密を入手したとして有罪判決を受けたロイター通信の記者2人の判決公判で上告を棄却し、それぞれに禁錮7年の下級審判決を指示した。

[PR]

 有罪判決を受けていたのはWa Lone氏とKyaw Soe Oo氏の2人で、2017年12月13日警察により逮捕が発表されていた。

〔関連記事〕

〔Clisien – ASEAN Info Clips 編集部〕 ○他の記事も読む

 

ミャンマー最高裁がロイター記者の上告を棄却 はコメントを受け付けていません。

分類 *news, ミャンマー